今の世の中は、少しおかしくなってるように思えます。
それはアベノミクスによって、非正規社員が増えたためです。
非正規社員は、社員とほとんど同じ内容の仕事をしていながら、得られる給料には大きく差が生じます。
仕事をせずに遊んでいて、生活が苦しいというのは自業自得ですが、フルタイムで真面目に働いているのに生活が苦しいのは理不尽だと思いませんか?
しかし、今そんな人が増えているのです。
ではなぜ、非正規社員なんて不安定な働き方を選ぶの?
そんなふうに思うかもしれません。ですが選んでいるのではなく、正社員で働きたくても働けないから仕方がなく非正規社員で働いているのです。就職活動で上手くいかずに正社員になれずに派遣で働く事になる人もいるでしょう。

また正社員で入社しても、その会社がブラック会社かもしれません。
そしてあまりの待遇に耐えかねて辞めてしまうと、今度は入社してもすぐに辞めてしまう人というレッテルを張られてしまい、正社員の仕事が見つからなくなってしまうのです。
日本社会では特に、一度レールからはみ出してしまった人が、軌道修正する道が用意されていない、格差社会だと言えるのではないでしょうか?そしてフルタイムで真面目に働いていても、ギリギリの生活しか出来ないのでは将来が不安ですよね。
そのため非正規社員の人の多くは未婚者です。
お金がないからと色んな事を我慢して、真面目に働いても貯金も出来ないから、病気や怪我になった時、即生活が困難になってしまう。
やはりそんな世の中は、おかしいと言えるのではないでしょうか?